やりたい☆を大切に

 

 

 

こんにちは、
ご訪問いただきありがとうございます^^。

 

 


私はかれこれ17年くらいヨガの世界にいるんですが、「インストラクターになりたいです^^。」って夢をシェアしてくださる方に沢山会ってきました。


同時に、「でも。インストラクターになりたいけど、〇〇じゃないとできないんですよね」って、肩を落とす方にも沢山会ってきました。

 

 

確かに、
「ヨガインストラクターとはこうあるべき。」「ヨガインストラクターって〇〇だよね」みたいな型枠があって、それにハマらなきゃダメだという集合意識はあります。

私もその概念に囚われて葛藤したり苦しい時もありました。

 

でも、本当はそんなの関係なくって。

そんな意味不明な型枠に囚われる必要全くないんですよね。

 


「ヨガが好きで、私はヨガのこうゆう魅力を伝えたい☆」

この気持ちがあれば、どんな方でもインストラクターになっていいと思ってます。

 

美人さんしか無理とか、体が柔らかくないとダメとか。そんなの幻想。

 

 
誰かが作った型枠にハマろうとしないで、私の型枠を作ったらいいんです。

 

みんなそれぞれ個性や得意分野、生きてきた歴史があります。

ヨガと関わったことで得た素敵なギフトをみんな持ってるんですよ♪

それらを活かしたインストラクターになるのが最高最強です☆☆

 

 

だから、

体が固いインストラクターがいてもいい。

ぽっちゃり体型のインストラクターがいてもいい。

アガリ症なインストラクターがいてもいい。

シンプルより派手なファッションが好きなインストラクターでもいい。

年齢が何歳だって構わないし。

 

あなたのヨガとの出会いやストーリーが、個性が強みになり“私だけの型枠”ができますよ☆


私体柔らかくないからインストラクターは無理です、、って言う意味不明な理由は要らないよね。

 

 

 

「私はヨガの〇〇な事を伝えたい☆」

「私は、ヨガを通じて〇〇〇な事を伝えたいんです☆」

これが、インストラクター資格。

 


ひと昔前までは、こうあるべき。な文化が主流だったかもしれないけど、今は型はめ概念を外れてもいい時代。

みんな一緒右向け右。から、堂々と個を確立していい時代。

 


あなたしか伝えられない、
あなただから伝えられるヨガの魅力があります☆

 

 


「ヨガのインストラクターになりたいな☆」
「エアリアルヨガのインストラクターやりたいな☆」

フワっと湧いた望みでも、かき消さないで大切にしてくださいね^^。♡

 

 

「とりあえず、エアヨガやってみようかな☆」
「まずはお客さんで通ってみようかな☆」

その感覚も、かき消さないで大切にね♡

 

 

 

 

 

 

 

 

::::*コロナ感染予防&熱中症対策*::::

・通常のレッスンの定員は3名とし、お客様同士のスペースを確保しています。

・レッスン前には、手洗い・手足の消毒をお願いしています。

・換気をこまめにおこなっています。

・こまめな水分補給やブドウ糖摂取をしています。

・インストラクターはマスクを着用し、お客様にはできるだけ触れないようにしています。

・エアヨガの布は使い回しをせず取り替えています。

・ヨガマットやロッカー、トイレなど、アルコール除菌をおこなっています。

・体調が優れない方は当日キャンセルを承っています(キャンセル料は発生しません)

 

 

 

 

 

 

コメントの入力は終了しました。